PipeCheckerProバージョンアップしました

水量を入力するテキストボックスに過去に入力されたキーの履歴を保存しておく機能を追加しました。同じ数字を繰り返したり、計算の一部を変更して再計算させたい場合とかに入力の手間を省くことができます。XPのコマンドプロントにあるキー履歴と似た機能です。

[↑]キー:直前に入力されたテキストが履歴からコピーされ、テキストボックスに表示される。
[↓]キー:現在の位置から、1つ新しい履歴を表示する。
[Page Up]キー:最も古い履歴を表示させる。
[Page Down]キー:最も新しい履歴を表示させる。

同様に、DuctCheckerProにもキー履歴機能を追加しました。

PipeCheckerProの最新版はこちらからダウンロード

DuctCheckerProの最新版はこちらからダウンロード

Comments are closed